ダイレクトメールの受け取り拒否をする方法

郵送などダイレクトメールは、利用しないショップや一度購入した事があるインターネット販売のショップなど様々なダイレクトメールが来ますが自分の住所や名前の記載があるので、簡単に捨てる事もできず、処理が面倒ですが来ない様にするために受け取り拒否をするという方法があります。郵便や郵便局の人が自宅の有分受けに入れた後でも受け取り拒否をする事ができ方法は、自分の名前が書いてある側に赤いマジックやサインペン、ボールペンで受取拒否と大きく書いて、その脇に日付と苗字を記載するだけと簡単です。記載したものを郵便ポストに投函するだけで、切手を貼る事もなく、郵便局は集配後に受け取り拒否の表示がある郵便は差出人へ返却しますが、返却する時には未開封である必要があります。封書の場合には差出人を確認してから返却するかを判断します。宅配便から届くダイレクトメールも受け取り拒否をする事ができ、郵便と同じく未開封という条件があり、届いた宅配会社に取りに来てもらい返却します。各宅配会社の荷物の集荷の電話番号に受け取り拒否をしたいので取りに来て下さいと連絡すると取りに来てくれます。

ダイレクトメールはお得な情報が満載です

インターネットの普及に伴い、魅力的なネットサービスがたくさん登場しています。私自身もさまざまなサービスを利用するようになりましたが、中でも一番のお気に入りはダイレクトメールです。利用して気に入ったオンラインショップをはじめ、もともと大好きなメーカーさん、気になっているイベントなど、さまざまなサイトにメールアドレスを登録しておいて、定期的にダイレクトメールを受け取るようにしています。ダイレクトメールには最新の情報が掲載されているため、いち早く最新情報を知ることができるだけではなく、お得な情報も満載なので欠かさずに目を通すように意識しています。特に化粧品メーカーさんから届くメールには、新製品の情報をはじめとして、モニター情報やプレゼント情報なども掲載されていますので、まずはサンプルで試してみたいときにも活用できます。とても便利で楽しいので、これからもメールを受け取りたいです。

ダイレクトメールの効果

ダイレクトメールは、見る側としては普段何気なく見ているもの、というイメージがしかないかもしれません。確かに、メールを開いてみると興味はないけどたくさんダイレクトメールが来てるといった印象を持ってしまっている方もいるのではないでしょうか。しかし、このメールは実はとても重要な意味を持っています。それは、企業側として何か告知やお知らせがあったり、セールをしたりなどということを伝える有効な手段だからです。我々もダイレクトメールは何気なく見ているかもしれませんが、ふと目にとまって実際にお得に買い物ができたり、情報を知ることができた、ということがあるのではないでしょうか。お互いにとってとても効果があり、しかもコストもそれほどかかりません。受け取るほうはメールを見る手間がかかるくらいでかなりお得です。見逃さないようにするとよいでしょう。

当社のDM取扱量は年間1,000万通以上! ダイレクトメールの発送代行なら格安・高品質のジャパンメールへお気軽にお問い合わせください。 見積り依頼やお問い合わせは全て無料。DM発送についての不安や疑問もお気軽にご相談ください。 広告郵便のトラブルが急増中。広告郵便などの申請を行う場合はぜひ事前にご相談下さい。 クロネコDM便がまさかの50円台~。驚きの低価格で全国一律料金にて発送いたします。 ダイレクトメールが安いジャパンメール